禁煙でED。でもレビトラで勃起不全解消

禁煙でED。でもレビトラで勃起不全解消

レビトラの特徴

レビトラとは?
ED治療薬として、バイアグラの次に誕生したお薬です。

特徴
ドイツのバイエル薬品という製薬会社が開発したもので、有効成分としては「塩酸バルデナフィル水和物」で、これはエタノールまたは水にやや溶けやすい性質を持ちます。このため、最高血中濃度に達する時間がその他のED治療薬(バイアグラ、シアリス)と比べ最も早く、0.7~0.9時間(42分~54分)となっています。

効果・効能
・レビトラは、バイアグラ同様に性的興奮や催淫剤の効果はなく、性的刺激を受け性的興奮後、いざ勃起したときにそれを補助してくれるED治療薬です。
・血管を収縮させ、勃起を治める(妨げる)酵素を阻害する作用により、勃起を持続させます。
・バイアグラよりも食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、完全ではなく、バイエル社によると「標準的な食事には影響がない」とあり、総エネルギー(栄養学の700kcal)の脂肪の割合が30%以内、つまり700kcal以内で、脂肪が23・3g以下であれば影響は受けないとされています。
・効果の時間としては、服用から20分程度で発現し、持続時間は10mgで約5~6時間、20mgで約10時間が期待できるといわれています。

服用方法
・一日一回、性行為の約一時間前に、また24時間以上の間隔を開けて内服してください。
・食事の影響を避けるため、食前20~30分前の服用をお勧めします。

副作用
・効果発現時に顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まり等の副作用がありますが、これは服用したほとんどの方に付随する作用です。その際、頭痛薬や点鼻薬で対処してください。
・その他として、胸やけ、背部痛、光線過敏が起こる場合は、作用している時間が4~6時間であれば、様子を見ていただいて大丈夫です。治まらない場合は、医師へご相談ください。
・ごくごく稀に、射精障害や、勃起時陰茎疼痛、勃起持続障害、無気力、記憶障害、不安症状、狭心症、心筋虚血、頸部痛、嚥下障害、緑内障、アナフィラキシー反応等があります。
以上を生じた場合には、すぐに使用を止め、医師へご相談ください。

服用禁忌の方
・硝酸剤またはニトログリセリンを服用中の方は、急激に血圧が下降し、場合によっては死に至るおそれがあります。
・抗不整脈薬、HIV治療薬、抗真菌内服薬を服用中の方。
・以前レビトラを服用して過敏症(アレルギー症状)を起こしたことのある方。
・重い肝障害、血液透析が必要な腎障害、心臓血管系疾患、不安定狭心症、網膜色素変性症、低血圧や高血圧(最大血圧<90mmHg、最大血圧>170mmHg、または最小血圧>100mmHg)の既往のある方。

その他の治療薬
レビトラやバイアグラ以外にも様々な勃起不全を改善する治療薬があります。
中でもed治療薬のシアリスは世界中で指示されており、今や世界シェア1位とも言われています。
シアリスのメリットは長時間の持続効果に加え、マイルドな効き目です。バイアグラやレビトラの効き目だと強いと感じる男性の方にはオススメの治療薬となっています。

%%MENU%%
▲ Return to page top