TOP > ジェネリック医薬品を買おう!

レビトラのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品はメリットがたくさんある!

様々な色の錠剤

いつからか聞くようになった「ジェネリック医薬品」という言葉。よく耳にするけど、なんのことかイマイチ分かってないという人もいるかもしれません。

ジェネリック医薬品というのは、後発医薬品とも呼ばれています。簡単に言うと、元となるお薬の特許が切れたことにより、他の製薬会社も同じお薬を作れるようになるのです。このとき、製薬会社は元の製薬会社がすでに作り出したものに則って製薬するためにコストが低く出来るのです。これにより同じ効能でありながら安価で販売されるお薬として、私たちの前に提供されているのです。それがジェネリック医薬品なのです。

本来医薬品というのは、一般用医薬品(医師の処方箋なしで薬局などで購入が出来るお薬)というのと、医療用医薬品(病院やクリニックなど医師によって処方されるお薬)という2種類があります。

ジェネリック医薬品は、この医療用医薬品の内に入るものであり、対になるのが新薬(先発医薬品)です。どちらも基本的には医師の処方が必要なものであるというのはここで理解出来ると思います。

個人輸入などで、病院では貰えないけど取り扱われているものというのは、日本では認可が下りていないお薬であり、外国では下りているものだから存在しているのです。

レビトラのジェネリック

レビトラのジェネリックの一つのジェビトラ

ジェネリック医薬品が作られる理由のひとつに、もとのお薬が人気製品だからというのもあります。製薬会社からしてみれば、うちからも販売したいというのは当然の思惑と言えます。従って有名なお薬にジェネリック医薬品が多いのもうなずけますね。

ところで、ED治療薬というのは画期的なお薬でした。バイアグラの登場は衝撃的であったといえます。そんな中バイアグラに続いて世に登場したレビトラというのも多くの男性の注目を浴びました。バイアグラよりも効き目が早く、かつ食事の影響や勃起力など多くのメリットがあったことも要因のひとつと言えるでしょう。

そんなレビトラだったので、ジェネリック医薬品も多くの製品が作られました。バリフやジェビトラといったジェネリック医薬品の登場は、レビトラ愛用者にとっては待ちに待ったものであったのは言うまでもありません。

レビトラが無くてもバリフというED治療薬の入手方法もある、グラム数ならジェビトラでコントロールが出来るなどのほか、スーパージェビトラにおいては早漏予防という効果もあるため選択肢の幅が広がっており、利用する側にとってはこれほど嬉しいことはありませんよね。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品のメリットを説明する医者

先発医薬品に対し、特許が切れたことにより後発医薬品として製薬・販売が出来るジェネリック医薬品。作り方は元の製薬会社のそれに則っているため、そこに費用を掛ける必要がないので、後発する製薬会社としては安価に製薬費を落とすことが出来ます。そのため、私たちにとっては安価で購入というメリットが生まれます。

ジェネリック医薬品はこれまでの有効性と安全性が実証されてきた新薬と同等と認められることが求められます。同じ効能のお薬が安価になっているという時点でメリットといえるでしょう。

他にも、お薬の存在自体が増えることにより、その効能のお薬の入手範囲が広がるというのもメリットですが、じつはジェネリック医薬品においてメリットはそれ以外にもあるのです。

ジェネリック医薬品として製薬する場合、ある程度工夫して製薬することが許されています。成分と含量、治療効果は同じでないといけない決まりはあるものの、添加物や色や味、大きさなどの形状は変えても良いということになっています。

これがどうメリットに結びつくのかというと、元のお薬では苦くて飲み辛かったということであれば、ジェネリック医薬品では甘くしてみようとか、元のお薬では大きくて飲み込むのが大変だったという場合には小さくして飲み込みやすくしようといったアレンジが可能なのです。

つまり、同じ効能でありながら、このお薬は飲み辛いのでこっちのお薬にしようという、自分に合った選択肢が増えるというのが、ジェネリック医薬品のメリットでもあるのです。

ジェネリック医薬品はどこで買える

スマホサイトで購入しようと考える中年男性

通常お薬を購入する場合にはドラッグストアや医療機関にて医師からの処方により可能になっています。ジェネリック医薬品は国内外において発売されていますが、どんなお薬であれ、国の認可が必要になります。医師により、処方されることが条件になるのです。

そして、ジェネリック医薬品の多くはまだ日本では認可が下りておらず、つまりドラッグストアでも医療機関でも入手は不可能になっています。

外国では問題なく出回っているジェネリック医薬品でも日本では購入不可。輸入さえされていません。ということですが、自己責任で、自分が使用するという条件付きで輸入することは可能です。

つまり個人輸入という方法でならば購入することが可能なのです。

今では個人輸入代行サービスという業者のサイトが多くありますので、それを利用することで、簡単に購入することが出来ます。

ただし、医師の処方が無いので、用する際は用量用法などをしっかり調べるなりと細心の注意は払うようにしましょう。