TOP > EDの原因はなに?

EDの原因と解消する方法

EDになってしまう原因とは

EDになってしまった男

勃起不全、EDというのはそもそもどういった理由でなってしまうものなのでしょうか?まずこの病気というのは、勃起しないことだけではなく勃起まで時間がかかることや途中で萎えてしまうこと、つまり「性行為が難しい状態」のことをいいます。

男性にとっては、性行為によって自身に男らしさというのを感じている部分は大きく、自信や気力へつながっているといっても過言ではないでしょう。

そういったわけですので、ある日突然性行為が出来なくなってしまうというのは、とてもショックなことなのです。

自分は若いからまだ関係の無い話だ、今は性行為が出来ているから問題はない。という風に思っている男性もいるかとは思います。しかし、EDというのは若いうちはならない、急にはならないという保証は実はどこにもないのです。

若くても急に性行為がうまく行かなくなるというように、突然EDになるといったことだってあります。

一説にはEDは年齢によるものだと思われていましたが、それだけが原因でないということが分かっています。

本来勃起というものは、脳から神経を介してNO(一酸化窒素)が放出され、ペニスの中でcGMP(感情グアノシン-リン酸)が増えて血管を拡張させます。これが勃起のメカニズムなのですが、このcGMPを抑えるためにPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)という酵素が出てきます。これによって勃起を抑えて正常にもどしているのですが、このPDE5が増えすぎると勃起が出来なくなります。なんらかの原因でこのPDE5とcGMPのバランスが崩れてEDになるのです。

では、なにが原因でEDになってしまうのでしょうか?その原因とは身体的な原因と、精神的な原因というのがあり、それは誰にでもなり得るものだったのです。

身体的・精神的な原因

不健康な生活の男

EDというのは、大きく分けて身体的な原因と精神的な原因という二つがあります。

身体的な原因というのは、正式には「器質性ED」といい、神経に障害が生じて脳が興奮を感じても勃起命令が正常に陰茎まで伝達されない状態のことを言います。主に生活リズムの乱れなどで引き起こされるもので、その代表的なものに糖尿病がありますが、偏った食生活や睡眠時間の乱れ、不規則な寝食のリズムというのは、健康的な身体を害していきます。その結果神経に障害をきたし、脳からの伝達をうまくいかないようにしてしまい、勃起がうまくいかなくなるのです。

そして精神的な原因というのは、正式には「心因性ED」といいます。これはストレスや不安、うつ病などの心理的なものが原因で引きおこるものです。

器質性EDは身体的なものである以上年齢も関係しますが、こちらは年齢には関係ありません。若い世代の原因に多いのがこの心因性EDなのです。

これは精神的なものが大きく関わっているため、例えば奥さんとの性行為という一見何気ない状況ですが、子供を作らないといけない、もしくは相手を楽しませなくてはいけない等というプレッシャーがあった場合、それは不安やストレスとなりEDになる可能性があります。また、一度なんらかの要因でたまたまうまくいかないことがあった場合でもそれが気になってしまい、次も上手くいかなかったらどうしようと思い詰めただけでもEDとなる場合もあります。

このように一口に原因といっても色々あるのです。

放置しても改善しない

放置しても改善しないことを指摘する医者

軽い病気やケガなどですと、病院へ行かなくても放っておくと治ったということはあります。ではEDはどうなのでしょうか?軽度の心因性のEDであればその可能性はあります。なぜなら精神的なものが原因なわけですので、環境などが変わりストレスを感じない状況になった、などがあると改善に向かって行くことでしょう。

とはいえ、あくまでも軽度な場合であり大丈夫と考えるにはリスクは大きいと思われます。

それに器質性EDというのは日々の生活習慣が影響で血液がドロドロになっているとか、男性ホルモンの分泌が少なくなっていたり、体力の衰えといったものが原因になるので、改善するように動かないと、改善されていくことはあり得ません。

そして、そのまま放っておくと器質性も心因性もEDというのは悪化していきます。なによりEDの仕組みが血管系の問題にある以上重大な病気が隠れている可能性もあるのです。

こういった不安を取り除くためにも、早めからED体質を改善していくことというのは大切なのです。

レビトラなどのED治療薬で治す

レビトラのパッケージ2種類

EDの治療には器質性のものであれば、生活スタイルの見直しによる改善、心因性によるものなら、そのストレスの見直しなどの改善といった根本的な解決が必要になります。

レビトラなどのED治療薬というのは、器質性、心因性といった要因による勃起の妨げを一時的にお薬の力で改善するものです。

お薬を使っている間は勃起をしますが、根本的な解決にはなりません。

では、意味はないのでしょうか?

レビトラなどのお薬の最大の強みは「勃起している」ことにあると言っても過言ではありません。勃起をし、性行為が出来ているというのは、自信につながってきます。精神的なものも大きく関わって来るEDにとって、この効果はとても大きな治療の足がけになります。そういった意味でも、ED治療にレビトラなどのED治療薬は欠かせない存在と言えるでしょう。