ED治療薬レビトラの購入方法と特徴

EDの症状について

EDの症状

男性には身体の悩みが色々あると思います。中でもED(勃起不全)というのは、深刻なもののひとつでしょう。

EDは性的興奮があるにもかかわらず陰茎が勃起しない症状のことで、パートナーとの性行為に支障をきたします。

自分だけではなくパートナーへ影響もあることを考えると、夫婦や恋人同士の問題にもなってきますよね。

EDというのは、「勃起しない」という症状だけではなく、「勃起しにくい」「勃起まで時間がかかる」といった症状もまたEDになります。

自分は勃起しないわけじゃないからEDじゃない。と思っていると、治療が遅くなってしまい深刻さが増すということもあるので、これってもしかして……?と疑うことも大切です。

また、EDの予備軍である可能性もあります。症状が出る前にEDへなり得るかもしれない兆候や要因についていくつか紹介するので、あてはまるものはないか考えてみてください。

・5回に一回は性交がうまく行かない

・血糖値が高い

・愛煙家である

・飲酒は毎日のペース

・朝立ちの回数が減った

・ストレスが生じやすい生活を送っている

・相手が妻だと勃起出来ない

このようなことについて心当たりがあるのであれば、ED予備軍かもしれません。

生活習慣を改善することで、EDは改善できますが、それではかなり時間がかかってしまいます。

今すぐにEDの症状を改善したいのであれば、レビトラなどのED治療薬を使いましょう!

EDに効くお薬とは?

三大ED治療薬

どんな病気であっても、多くの場合「治療薬」が作られています。

それはEDであっても同様です。特に有名なのはバイアグラやレビトラといったお薬ではないでしょうか。

EDの治療には、食生活や生活リズムの改善やマッサージ・運動といった方法で改善していくという道もあります。しかし、これらは確かに本質的な治療ではあるものの、かなり時間がかかってしまいます。数ヶ月に及ぶ時間の中で、性行為の機会が皆無ということはないでしょう。今、EDの症状を改善したい!というタイミングだってあるはずです。

そんなときに効果的なのが治療薬です。即効性があるものも多く、性行為を可能にしてくれることでしょう。

さて、EDの治療に有効なお薬の効果ですが、飲み続けなければならないのか?という心配もあるかと思います。

EDの原因やメカニズムについては他の記事で詳しく載せていますが、EDにはストレスによる要因もあります。「性交、上手く出来るかな?」という不安もストレスのひとつです。ED治療薬によって毎回性行為が成功することで、性行為自体に自信がつけば不安は改善され、ストレスを感じなくなるのでEDの治療にも繋がります。

つまり、ED治療薬を服用することは根本的な改善のきっかけになるのです。

世界初のED治療薬・バイアグラ

バイアグラ

ED治療薬と聞いてパッと頭に浮かんだのは「バイアグラ」という人も少なくはないと思います。

バイアグラは、青色で中身が白色の菱形のお薬です。

即効性があり、世界で最初に登場したED治療薬といったことからも知名度が高いので、多くの男性に使用されています。

外国で作られたお薬なのですが、国内でも医療機関で購入が可能です。

国内で承認されているバイアグラは25mgと50mgのふたつです。外国では100mgというものも存在します。外国のバイアグラは含有量が多いのに、国内産はどうしてその半分ほどなのかというと、日本人の身体に合わせてあるからなのです。そのため、量が多い方が効くだろうと100mgのバイアグラを服用すると、副作用に苦しむ危険性も高くなってしまします。その点には注意が必要です。

バイアグラ誕生の裏話がユニークなので、ご紹介しておきましょう。

バイアグラはもともと狭心症の研究で使用されていたお薬でした。たくさんの人に薬を服用してもらい、その効果を得ることができるかどうかを試していました。しかし、狭心症に対してはあまり効果を得られず、研究員が薬を回収しようとしたところ何人もの男性が薬を返そうとしなかったのです。

これはおかしい!と思い、研究員が治験者を問い詰めると、「勃起しやすくなるから返したくない」と……。

狭心症の効果こそ得ることはできなかったものの、代わりに勃起を補助する作用があるとわかり、バイアグラが作られるようになりました。この発見が無ければ、もしかするとED治療薬は生まれて無かったかもしれません。

知名度の高いバイアグラですが、その名前の由来はVITAL(ラテン語で生命)とNIAGARA(ナイアガラの滝)の二つの単語を合わせた造語です。「男性の精力(生命力)がナイアガラの滝のように溢れる」といった意味が込められているのです。

バイアグラより凄い!?レビトラとは

レビトラ

EDに悩む男性にとってED治療への助けとなるお薬は、とても頼りになるものです。

ですがお薬には相性もあります。服用したお薬が身体に合わなかったりすることだってあります。

しかし、薬の中には同じような効果をもっているのに、違う成分が含まれた薬というのもあるので、たとえAという薬がだめでもBという薬は効果があったということもあり得るのです。

ED治療薬もバイアグラだけではありません。同じようにEDをサポートする薬はあるのです。

そのひとつがレビトラというED治療薬です。

レビトラはバイアグラとは違う成分で製造されているので、バイアグラに効果を感じられなかったという人でも効果を感じられる可能性があります。実際にそういった理由でレビトラを使っている方もいます。

レビトラは、バイアグラの次に誕生したED治療薬です。

レビトラはオレンジ色で円形の薬です。バイアグラよりも即効性が高く、バイアグラよりも副作用を感じないという理由からとても人気があります。

まさに、バイアグラの改良版です。

名前の由来ですが、レビトラは英文でLEVITRAと書きます。

これはフランス語で男性定冠詞の「le」、ラテン語で生命を意味する「vitra」で「男性の生命」という意味が込められています。

ちなみに、レビトラの薬剤箱には炎のマークが描かれていますが、これはマッチの炎を現しているそうです。つまり、マッチはこすればすぐに着火することから、服用して素早く効く、という意味合いがあるそうです。

効果の持続時間が長い

シアリス

ED治療薬は他にもあります。

シアリスというお薬もまた、ED治療薬として多くの男性を支えています。

特徴はその効き目の長さがまず挙げられます。金曜の夜に服用すれば日曜の昼間まで長時間作用することから、ウィークエンドピルとも呼ばれています。黄色で中身は白く、卵型をしています。

シアリスは発売以来10年で全世界シェア率が42パーセントとなり、世界市場で堂々の第一位になったという人気のED治療薬です。

第4のED治療薬?ステンドラとは

ステンドラ

今現在ED治療薬といえば、バイアグラ、レビトラ、シアリスがあります。

これらのED治療薬は世界3大ED治療薬と呼ばれていることからも、確かな効果がある非常に有名なED治療薬として全世界で利用されています。

しかし、そこに加わるのではないか、とウワサされているED治療薬があります。

それがステンドラです。

ステンドラというお薬は聞いたことがないという方がほとんどなのではないでしょうか。

それもそのはず。ステンドラは日本ではまだ未承認の治療薬なので、その知名度は低いのです。

とはいえその効果は確かなもので、既存のED治療薬にも即効性をうたったものはありますが、そのどれにもひけをとらない効果があります。

日本ではまだ未承認ですが、承認されればまたたくまに人気になるのでは?と期待されています。

レビトラに期待出来る勃起力と即効性

レビトラのパッケージとシート

少し話は変わりますが、勃起の硬さを診断できることはご存知でしょうか。

自己診断型「勃起の硬さスコアEHS(Erection Hardness Score)」という、0~4までのグレード判定で勃起の硬さを診断するものがあります。

EHSは、ED治療のための簡単な診断や治療効果をみる基準として用いられているものです。

グレード0はペニスが大きくならないこと。

グレード1はペニスは大きくなるが硬くはない、こんにゃく程度の硬さ。

グレード2はペニスは硬いが挿入に十分なほどではない、みかんほどの硬さ。

グレード3はペニスは挿入には十分硬いが完全ではない、グレープフルーツ程度の硬さ。

グレード4はペニスは完全に硬く硬直している、リンゴの硬さ。

このようにグレード分けされています。

グレード0~2はEDの可能性があり、グレード3であっても性交出来ないならEDだといわれています。

男性なら生涯現役でグレード4にいたいですよね。

そのためには質の高い生活習慣を送ることももちろん大事ですが、すぐに改善する方法もあります。

それは、ED治療薬の「レビトラ」を服用することです。

即効性をうたったED治療薬というのは多いですが、レビトラはその中でも特に優秀で、早くて10分~15分で効果を発揮します。効き目が現れるのがとても早く、いざという時にも対応が出来るというのが強みです。

瞬時に硬さをもったペニスで性行為に臨める、男性にとってこれほど頼りになるお薬は無いと言えるでしょう。

では、なぜレビトラがこんなにも即効性が高いのかというと、それはレビトラの主成分であるバルデナフィルの吸収スピードにあります。

バルデナフィルは、バイアグラの含有成分であるシルデナフィルよりも水に溶けやすくなっているため、胃の中に入ったあとすぐに溶けて身体に吸収されていくのです。

ED治療薬を比較してみよう!

バイアグラとレビトラ

バイアグラとレビトラを比較して解説する医者

最初に作られたED治療薬のバイアグラと、二番目に作られたED治療薬であるレビトラ。

そんな位置づけも作用して、この二つの人気はとても高いです。どちらを利用しようかと悩んだ人も多いのではないでしょうか。

そこでこの二つの違いについて考えてみたいと思います。

まず、主成分ですが、バイアグラはシルデナフィルクエン酸塩で、レビトラは塩酸バルデナフィル水和物というものです。先ほども言いましたが、バルデナフィルの方が水に溶けやすくなっており、その違いは効き始めに影響します。バイアグラは早くて20~30分ほどで作用しますが、レビトラは10~15分となっています。

服用する際の注意点はほとんど同じです。

どちらも食事による影響で効果が薄くなってしまいます。ただし、食事の影響はバイアグラの方が受けやすくなっています。バイアグラは空腹時に服用しなければならないのに対し、レビトラは標準的な食事であれば影響を受けないので、食後に服用しても効果があるのです。

そういう意味ではレビトラの方が応用力が効いているといえます。

また、HIV治療薬を使用中の方はバイアグアラは使えますが、レビトラは使えない。

反対に血液透析中の方はバイアグラは使えないけれど、レビトラは使えるといった違いもあります。

自分がこれらに該当する場合は、使い分けるようにする必要も考えないといけません。

シアリスとレビトラ

シアリスとレビトラを比較して解説する医者

3大ED治療薬であるシアリス。

わりと類似した効果があるバイアグラとレビトラの比較に比べると、大きな違いがあることに気が付きます。

その違いの理由は、有効成分がタダラフィルであることによります。タダラフィルの代表薬であるシアリスには他のED治療薬にはない3つの特徴があるのです。

まず、最大36時間にも及ぶ持続性があること。次に、食事による影響をほとんど受けないこと。そして、副作用がすくない。といったものです。

これはシアリスならではの特徴です。

ですが、シアリスはレビトラよりも少し高めの金額になっています。1錠が200円程度のものなら話は別でしょうが、ED治療薬は1錠1000円を超えます。少しの違いであっても継続して利用しようと考えている人にとっては大きな痛手となります。

また、持続効果が長いために服用するタイミングを考えなくてすむというメリットのあるシアリスですが、その分即効性には欠けます。女性とのデートでも、ベッドインできない時もあるかもしれません。あらかじめ飲んでいたとしても機会に恵まれなければ、無駄になってしまいます。先述通り値段が高くつくため、こうなってしまうととても辛いものになります。

その点、10分程度で効果が出始めるレビトラは、機会に恵まれた時に服用しても適応出来るので、順応性に長けているといえます。

食事の影響に関してですが、どちらも標準的な食事を摂取していたとしても、効果にほとんど影響はないというのは同じです。

シアリスは副作用が少なくなってはいるものの、消化不良や筋痛、背部痛といった他のものでは見られない症状が報告されていますので、これらが気になる人は注意が必要です。

ステンドラとレビトラ

ステンドラとレビトラを比較して解説する医者

ステンドラは第4世代のお薬とも呼ばれるED治療薬で、多くのED患者に期待されているお薬です。その効き目はレビトラと同等かレビトラ以上と言われており、持続時間も6時間とレビトラに並びます。副作用も少ない、さらには食事の影響を受けないという面からもかなり優秀であるといえるでしょう。さすがは第4世代といったところですが、いかんせんステンドラは日本ではまだ未承認のED治療薬のため、入手が困難です。レビトラは医療機関でも入手が可能ですが、ステンドラは個人輸入でないと手に入れられません。

そういった意味では、まだ入手が比較的しやすいレビトラの方が利用しやすいといえます。

レビトラの購入方法

病院での処方

レビトラを処方する医者

EDに悩んでいる人にとってレビトラのようなED治療薬はのどから手が出るほど欲しいモノだと思います。

ところで、そのレビトラはどういった方法で入手することが可能なのでしょうか。

レビトラはドラッグストアでは購入することが出来ません。国内で手に入れるためには医師の処方が必要になるのです。

購入するためには、病院やクリニックといった医療機関へいく必要があります。

医療機関に行って処方してもらうことには多くのメリットがあります。

それは医師を通しているため、処方箋があるということ。レビトラに限ったことではありませんが、お薬には服用方法というものがあります。いくら飲めばいいのか、どういうことをしてはいけないのか。

それに、患っている病気やその治療、また併用禁忌薬というものもあるので、その組み合わせによっては大変なことにもなりかねませんが、そういったものをすべて考えた上での服用方法や、そもそもの相談が出来ます。

つまりは安全性があるのです。かつ、言われた通りに服用していたとしても万が一健康を害してしまった場合、治療費の一部を負担してもらえるという医学副作用被害救済制度というものもあります。

とはいうものの、医療機関での購入は保険が利きません。また、手間が掛かったり人前での購入になるため、買いに行きづらいという人も居るでしょう。そういった場合には個人輸入という方法もあります。

個人輸入での入手方法

個人輸入で購入する男

レビトラの購入には、医療機関での購入方法がありますが、高額になることや通院しないといけないというデメリットがあります。それに、自分がEDであるというのを女性の看護士の前で医師に相談しないといけません。そしてお薬が切れるたびに通院しないといけないため、その都度繰り返さないといけませんので、それが苦痛だという人も居るかもしれません。

そこで紹介したいのが個人輸入代行です。通販と聞くと家具などを思い浮かべる人も居ると思いますが、海外のお薬を入手することも出来るのです。

個人輸入とは、間の業者を挟まずに販売元から個人的に輸入してもらうことで、そのため安価で購入することが出来ます。ですが個人で海外の業者とやり取りをするのは難しいので、個人輸入代行というサービスを利用するわけです。

個人輸入なら日本では認可されていない多くのジェネリック医薬品も購入することが可能になっています。つまりレビトラのジェネリック医薬品も購入が出来るのです。ジェネリック医薬品は正規のものより安価な製品なので、そういった意味でもかなり価格を抑えた入手方法が実現出来るということになります。

先述した通り、このやりとりをPCやスマホで通販感覚で行えるため、人目に触れずに入手可能というメリットもあります。

しかし、この個人輸入という方法はお薬を入手することは出来るのですが、医師を通していないため、処方箋がありません。そのため、服用方法などに関してはしっかりと情報を集めて理解しなければならないのです。

ジェネリックが買える

バリフ

個人輸入では、認可の降りていない海外のお薬も購入することが可能です。

レビトラのジェネリック医薬品もそのひとつです。

レビトラはバイアグラに次ぐED治療薬ということもあり、人気の高いお薬です。人気の高いお薬には多くのジェネリック医薬品がでてきます。

そんなレビトラにもいくつか種類がありますが、中でも特に有名なのがバリフやジェビトラといったものでしょう。

これらは日本では販売されてはおらず、個人輸入でのみ手に入れることが可能です。先述した通り、ジェネリック医薬品は安価で購入が出来るためとてもお得なものですし、なによりも種類があるために、その中からも選択肢が豊富に選べるというのも強みです。例えば、人気商品がゆえにバリフが売り切れだったとしても、ジェビトラなら在庫があるという状況というのもあります。

個人輸入のように、たくさんのジェネリック医薬品が豊富にそろっているからこそできることなのです。

この、本来日本では買えないものが買えるというのはたいへん魅力的ではないでしょうか。

レビトラは処方してもらうとなると、1錠1500円ほどしますが、ジェネリック医薬品であればその3ぶんの1ほどの価格で購入することができます。継続して商品を購入するとなると、かなり大きな差になります。

レビトラの容量と価格

レビトラの20mgと10mg

バイアグラに負けないくらいの人気と知名度を誇るレビトラ。ジェネリック医薬品も出ているとはいえ、レビトラに本家の安心感や期待を持つ人も多くいらっしゃいます。そんなレビトラにこだわりたいという人にとって気になるのは、そんなお薬の容量や価格でしょう。

どれくらいの量がどのくらいの価格で購入出来るのかというのは、とても重要です。これから購入を考えている人も、その目安にも是非知っておきたいところでしょう。

レビトラは5mg、10mgが最初に発売されましたが現在では20mgも存在しています。医療機関では主に10mgと20mgを取り扱っているところが多くあります。それぞれ1錠が10mgは1,500、20mgは1,800円程度となっています。保険が適応外のためで、実費での購入となっていることによる印象でしょう。けして安くはないものの、その効果のほどを物語っていると言えるでしょう。

ただ、レビトラを医療機関で処方してもらう際に必要な費用というのは、お薬代だけではなく診察代も全額費用になるということは留意しておきましょう。

保険が効かないというのは、お薬だけに限ったことではないのです。

しかし、純然たるED治療薬を手に入れるということ自体の価値を考えると、必要経費と考えて良いでしょう。

服用前に覚えておきましょう!

レビトラの服用のタイミング

レビトラを服用した男

お薬には服用のタイミングというのが必ずあります。適当に飲んでしまえば、しっかりとした効果が得られないばかりか、副作用に悩まされてしまう事もあります。

レビトラは即効性がウリになっているED治療薬です。通常でも20~30分程度、空腹時であれば最速10分ほどで効果を得ることが出来ます。なので、いざ女性とベッドインというタイミングでももちろん構わないのですが、お薬には最高血中濃度というものがあります。お薬が身体にしっかり溶け込むタイミング…つまり、レビトラの効果が最大限に引き出されるときのことです。この時間帯を逆算して服用するのが、最高のタイミングであると言えるでしょう。

レビトラが最高血中濃度に達するのは0.7~0.9時間、つまり42分~54分となっています。女性とベッドインする約一時間前というのが最適なのです。

せっかくのレビトラの使用です。最大限に使用して、女性との時間を楽しいものにしたいですね。時間は意識しておきましょう。

とはいえ、時間だけを注意していれば良いかというと、そうでもありません。服用の際には気を付けておきたいこともあるのです。

レビトラを服用する際の注意点

レビトラを服用する際の注意点を説明する医者

レビトラはEDに悩まされている男性にとって、とても頼もしいED治療薬です。持続時間も申し分なく、硬さも得ることが出来るため、自信を取り戻しいつも通りの性行為を女性と楽しむ事が出来ます。よって常用しているという男性も多いことでしょう。このお薬さえあれば、いつ女性とベッドインするようなタイミングが訪れても怖くはありません。

しかし、お薬というのは服用する際に気を付けておきたいことというのが必ずあります。それはレビトラにも言えることです。

レビトラは一日一回の服用と決められています。一度服用したあとは24時間は間隔をあけるようにしましょう。連続で女性と良い感じになったからといっても、その際の服用は出来ません。

また、レビトラの効果について誤解されている人もいます。それは、飲めば自然と勃起をするというものです。レビトラは脳に働きかけるお薬ではありませんので、性的興奮作用や性欲増進作用はありません。よって、飲めば勃起するという理屈のお薬ではなく、あくまでも性的刺激を受けなければ勃起はしませんので、注意しましょう。レビトラは勃起の際に萎えるのを防ぐモノという認識が正です。

通常ED治療薬というのは、特に食事の際に取る油分に吸収を邪魔されてしまい、効き目が十分に得られないのですが、レビトラは構造上どのED治療薬よりも吸収が早いので、影響を受けにくいという強みがあります。しかし、受けにくいというだけで影響は受けるので、やはり食事前の20~30分前の空腹時に服用するようにしましょう。

食前の服用が難しい場合は、食事自体を油分の少ないものにし、食べる量も腹7分目位にしておき、2~3時間ほど空けてから飲めば比較的効果的に効果を得ることが出来ます。食事と同時、もしくは食事直後にレビトラを服用してしまった場合、効果の発現時間がかなり遅れたり、効果が半減するか最悪全く効かないという場合もあるので、食事に関しては特に注意しておきたい部分ですね。

用法用量を守ろう

用法用量を守ることを指摘する医者

当然ながら、レビトラは医薬品なので決められた用法用量というのがあります。

通常成人は一日一回と決められており、基本的には10mgでの服用が推奨されています。これは、日本人の身体に合った量であるというのが理由です。ジェネリック医薬品などでは40mgや60mgといったものもありますが、こういったものは外国の人の身体に合わせているためであり、基準にしてはいけません。

ただし、10mgでは十分な効果が得られず、副作用がでなかったと判断された器質性ED、または混合型勃起不全患者は、20mgに増量することが可能とされています。

また、65歳以上の高齢者や中等度の肝障害のある患者は5mgから服用を始めて、最高は10mgとすることが可能です。

レビトラの副作用

副作用を特に感じていない男

お薬を服用する際に気になるのが、副作用ではないでしょうか。そのお薬の効果は得たいけど副作用が耐えられず、お薬の服用を断念せざるを得ないという事態は良くあることです。

そして、そんな副作用というものはやはりED治療薬にもあります。

レビトラはED治療薬でも比較的副作用の少ないお薬とされています。ED治療薬として圧倒的な知名度を誇るバイアグラは副作用が多く、またその効きが強いという報告があります。頭痛や顔のほてり、動悸といったものはED治療薬の多くに見られる症状で、9割の人が感じるものではあります。これは血流促進による影響ですので、お薬が効いている証拠でもあります。バイアグラは他にも副作用が報告されていますが、後発であるレビトラではそういったことはありません。

飲み合わせに注意

硝酸剤が含まれている薬品

レビトラに限ったことではありませんが、お薬には飲み合わせについて注意が必要です。

ここではレビトラの併用禁忌薬について説明しておきたいと思います。

併用禁忌薬とは、一緒に服用してはいけないお薬のことです。レビトラの成分との相性や相乗効果によって、お薬が効き過ぎてしまったり副作用が強く出てしまうということがあります。レビトラの併用禁忌薬として代表的なのは「硝酸剤」があります。ニトログリセリンなどの硝酸剤は狭心症や心筋梗塞の治療薬として使われていますが、レビトラと併用すると過度に血圧が下がってしまうのです。最悪の場合、死に至る可能性もあるので、硝酸剤は飲み薬や舌下錠を始め、貼り薬や塗り薬、スプレーといったものであっても併用はいけません。

他にも、抗ウィルス薬に内服の抗真菌薬というものもあります。抗ウィルスは主にHIV治療薬に使用されており、内服の抗真菌薬は水虫などの感染症の治療薬として使用されています。

自身が普段から利用しているお薬に、硝酸剤などの成分が入っているのかどうかと確かめることというのは、難しいかもしれません。なので、医師の処方にお任せして利用するというのが確実に安全な手段だと言えるでしょう。

副作用が出たら

副作用が出た場合の対処方法を解説する医者

主にレビトラを服用した際に多くの人が副作用として挙げるのが、頭痛です。血流が良くなっているために起こる症状なので、効いていると実感できる症状とも言えるのですが、あまりにも頭痛がひどい、気になるという場合には性行為どころではなくなってしまうかもしれません。

この場合には鎮痛剤であるロキソニン錠などが推奨されています。服用後20分くらいで効いて来ますし、レビトラ10mgの作用時間と同じ4~5時間なので、同時に服用するとベストです。

しかし、空腹時に効果が引き出せるレビトラに対し、ロキソニン錠は人によっては胃粘膜を荒らす副作用があります。よって、胃の弱い方は胃薬も一緒に服用すると良いでしょう。

おすすめの記事

バリフのパッケージとシート

レビトラのジェネリック:バリフ

バリフの効果と副作用

ジェビトラのパッケージとシート

スーパージェビトラの2つの効果

スーパージェビトラの早漏防止効果

様々な色の錠剤

ジェネリック医薬品を買おう!

レビトラのジェネリック医薬品

EDになってしまった男

EDの原因はなに?

EDの原因と解消する方法